最新記事

【アジング】6月上旬のギャンブルアジングフィッシングIN鶴岡

はじめに

今週も山形県鶴岡市にアジを求めてタオル派のCSさんとアジングへ

今回はアジの回遊の場所に狙った時間にあうことができました。

釣行日は2021年6月5日

アジが9匹キスが1匹合計10匹、最大25センチ

6月5日の釣れた魚一覧の様子

ギャンブルアジングフィッシングIN鶴岡

ギャンブルのごとくアジの回遊は時期と運だと思っています。

釣りに行かなければ釣れません。

20Cm以上のアジの時間
  1. 19時00分
  2. 19時17分
  3. 19時40分
  4. 20時20分

①19時10分

到着10分後に1匹目のアジです。

25Cmくらいのアジです。

アジが大きいためかあたりが明確にわかります。

なんとなくですが、アジの大きさによって吸い込むあたりの違いがあります。

ここで大きいのがヒットしたのかドラグがなり続けラインブレイク、、、

釣れている時間のためちょっと焦ります。

②19時17分

0.8gでカウント10〜15くらいの深さでアジがワームにヒット!

だいたい表層から2m下あたりの感覚です。

活性が高いのかガンガンあたりがあります。

時間的に19時から19時30分くらいにあたりが集中していたと思います。

夕暮れ時だったのでちょうど時合の時間だったと考えられます。

19時30分を過ぎたらパッタリとあたりがなくなりました。

小さいアジはポツポツ釣れる感じです。

③19時40分

今度は10センチから15センチあたりのサイズです。

さっきの回遊よりはサイズが小さいですが釣れるので嬉しいです。

しかし、10分もするとあたりはなくなりました。

それから、少し時間が立ち

④20時20分

釣れている時間帯で周期的なものをあまり感じません。

ですが、釣れてないときはどこかでドラグがなる音が聞こえるので漁港内をぐるぐる回っているのかと考えられました。

釣れてる時の海の中どうなってるの?

釣れているときにポータブル魚探を使用し海の中を見てみました。

ポータブル魚探で見る限りアジングで釣れた層に魚が集中しています。

ポータブル魚探を見るかぎり

水深2mから底に魚が溜まっていることがわかります。

帰る少し前にキスが釣れました

キスが釣れるということは深い層、底に近いところを引いている証明になります。

使用している針のサイズが小さいためキスを釣れたのかと思います。

今回のアジの釣り方と釣れたワーム

キャストした後

  1. カウントをとって深さを決める
  2. ロッドを少しずつ上げながらテンションフォール
  3. ロッドを下げて糸ふけを取る

カウントをとって深さを決めてひいてくる感じです。

深さを決めたら②→③を繰り返す感じです。

ジグヘットがテンションフォールで斜めに沈む分をロッド操作で一定の層をひくイメージで釣りをしました。

釣れたワーム

今回は暗いところを想定していました。

そのため、魚に見つけてもらいやすいと思われる蓄光タイプを選びました。

熟成アクア 2.3インチ コイワシプロブルー 夜光タイプ

アジをさばいていたらわかったこと

魚をさばいていると大きいアジは子持ちのアジのようでした。

子持ちのアジから透明な卵のようなものが出てきました。

食べてみたらつぶ感はなくただただ生くさく無味でした。

この何かの卵らしきものアジは食べていたのでしょうか?

誰か知ってる方がいましたらコメントで教えてください。

ワームとして考えると透明のものが一番近いと考えられます。

小さいアジからは、撒き餌で使用されるオキアミが出てきました。

今回の釣行で思うこと

回遊のアジが釣れてよかったです。

やはりマズメの時間帯に釣りができたのは大きいと感じました。

朝はもっとすごいのだと思います。

ジグヘットは重さもそうですが針の大きさや形状も考えないといけないと思いました。

シロギスが釣れたのはおそらく針が小さく口の中に入ったためだと思います。

針のサイズがどのくらいの大きさのアジに対して有効なのかと考えなければいけないと思いました。

そして、アジはいるのだが釣れない時があると思います。

そんなときもなぜ釣れないのか

  • 魚のいる層を探れてないのか
  • アジがワームを見つけていないのか
  • アジが食べているものとかけ離れているのか

などいろんな要素を考えて釣りをしないといけないと思いました。

すこしずつ記録に残して次の釣りにつなげていこうと思います。

ABOUT ME
ふかせ
はじめましてふかせです。 山形県の釣り場へ釣りに出かけよう。 釣りの情報を初心者の目線で発信しています。