インプレ・レビュー

【インプレ】ダイワ:ロッドスタンド300・530の違いを考える

ロッドスタンドほしいんだけど実際どうなの?

ロッドスタンド300と530の違いは?

こんな悩みを持っている人に見て欲しい記事です。

私もロッドスタンドを使用する前は、なんであんなの使っているんだろうと思っていました。

今はロッドを2本以上使用するならロッドスタンドを、必ず釣り場に持っていくようになりました。

ロッド1本の場合でも便利なため使用しています。

1度使用してしまうと、ないと不便に感じてしまいます。

ダイワロッドスタン300・530のどちらも使用したからこそわかることをお話していきます。

ダイワロッドスタンド300と530の違い

300と530の違いが出るのは以下の3点

  • 脚の長さ
  • 収納袋の有無
  • 風による倒れやすさ

ダイワロッドスタンド300と530を比較表にまとめてみました。

種類本体の大きさ
収納時/伸長時(mm)
脚の長さ
収納時/伸長時(mm)
ロッドホルダー
内径(mm)
リール受けから地面
までの高さ(mm)
カラー、色収納バックの有無
ロッドスタンド300280/430220/33033270ブルー、レッドあり
ロッドスタンド530390/660330/56033440オレンジ、ガンメタなし

脚の長さ

ダイワロッドスタンド300と530では脚の長さが変わります。

300と530で比較した場合に長さは

  • 収納時:約110mm
  • 伸縮時:約230mm

違いが出ます。

収納袋の有無

ダイワロッドスタンド300にだけ袋がついています。

ロッドスタンド300の収納袋

風による倒れやすさ

ロッドを立てて風で倒れにくい方は、ダイワロッドスタンド530の方になります。

脚が長いため重心が低くなることにより倒れにくいです。

風で倒れないようにするために、重りをつるす方法などがあります。

【インプレ】ダイワのロッドスタンドをレビュー

使用して起きることをまとめました。

  • ロッドを地面に直置きしなくてよくなる
  • タックル交換、ルアーチェンジが早くなる
  • ポイント移動が早くなる
  • 案外風で倒れやすい
  • ロッドエンドが長いと汚れる

詳しく見ていきます。

ロッドを地面に直置きしなくてよくなる

ロッドやリールなどを地面に置くことでおきる様々なリスク未然に防ぐことができます。

具体的には、ロッドを踏まれてしまうことやロッド、リールに傷がつくことがなくなります。

傷がつくことで起きるライントラブルなども防ぐことができます。

地べたに置かないことは精神的にもいいと思います。

タックル交換、ルアーチェンジが速くなる

ロッドを片手で持ったり足で挟んだりしなくていいため作業が速くなります。

早くなれば釣りをする時間が必然的に長くなり魚と出会えるチャンスが増えます。

ポイント移動が早くなる

コンパクトに収納することができ、自重が軽いため持ち運びに便利です。

移動するときは竿先の方向に注意が必要です。

ロッドスタンドがあれば、タックル交換をするときなどロッドを立てかける場所を探さなくてよくなります。

案外風で倒れやすい

軽いため長いロッドや風を受けやすいアミなどをかけておくと倒れやすくなります。

7ft以上のロッドを入れておくと風で倒れやすくなる感じがします。

ロッドエンドが長いと汚れる

ロッドエンドが地面について汚れます。

ロッドエンドが長い場合、移動時ロッドスタンドを持ち上げるとリールフットが毎回ホルダーにぶつかってしまいます。

使用しているダイワのロッドスタンド300

私はダイワのロッドスタンド300を使用しています。

実際に使用しているダイワのロッドスタンド300

使用しているロッドスタンドのスペックを簡単にまとめました。

  • 本体サイズ:収納時280mm/伸縮時430mm
  • 脚の長さ:収納時220mm/伸縮時280mm
  • ロッドホルダーの内径:約33mm
  • 地面からの高さ:270mm(265mm)

公式の情報など文字だけではわからない場所を画像を使ってまとめました。

ダイワロッドスタンド300:本体の大きさ

✔本体の大きさ:収納時280mm

ロッドスタンド本体の大きさ:収納時

✔本体の大きさ:伸縮時430mm

ロッドスタンド本体の大きさ:伸縮時

ダイワロッドスタンド300:脚の長さ

✔脚の大きさ:収納時220mm

ロッドスタンド脚の長さ:収納時

✔脚の大きさ:伸縮時330mm

ロッドスタンド脚の長さ:伸縮時

ダイワロッドスタンド300:ロッドホルダーの内径

内径は約33mmになります。

ロッドホルダーの内径:33mm

自分の使用しているロッドの太さを確認してみましょう。

ダイワロッドスタンド300:地面からの高さ

地面からの高さは約270mmです。

ロッドスタンド地面からの高さ

ロッドを入れると若干沈むので地上から約265mmあたり考えるといいと思います。

ロッドスタンドにロッドを入れた時の地面からの高さ

ダイワロッドスタンドはこんな方におすすめ

ロッドを壁や木に立てかけたり地面に置いたりして傷などつけてしまうことに悩んだことはないでしょうか?

大切なタックルなどに傷がつくとやる気がなくなってしまいますよね。

実は私も同じようにロッドやリールのベールに傷をつけてしまうことに悩んでいました。

大切なロッドを踏まれそうになりヒヤッとした経験もあります。

しかし、ロッドスタンドを使用してからはそんな悩みと無縁になりました。

デコボコした岩の上や砂の上など不安定な場所でも使用することができます。

壁や地面にぶつからなければタックルに傷がつくことはありません。

それに加え、タックルを準備する時や移動する時などあってよかったと感じます。

ロッドスタンドを使用しないとタックルに傷がついたり踏まれてしまうかもしれません。

購入すれば大切なタックルに傷がつくことや心配するストレスから開放されます。

釣り仲間のロッドも立てることができて仲がさらに深まります。

ダイワロッドスタンド300:お手軽な改造

簡単な改造方法を紹介します。

改造内容は以下の2点です。

  • えせパワーグリップ
  • ロッドエンドが長い対策

えせパワーグリップ

ホームセンターなどで売っている物を使用しています。

使っていくと案外ボロボロになったためすぐに交換できるものを探しました。

使用しているえせパワーグリップ

ロッドエンドが長い対策

長いものやりリールがついていないものは栓をして使用しています。

使用している栓

アミなどはこのようにして持ち運んでいます。

アミを入れているロッドスタンド

ロッドと一緒に持ち運べるため大変便利です。

ABOUT ME
ふかせ
はじめましてふかせです。 山形県の釣り場へ釣りに出かけよう。 釣りの情報を初心者の目線で発信しています。